Loading
第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門オープニング作品
詳しくはこちら

ONODA 一万夜を越えて

忘れない。

2021年10月8日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

配給:エレファントハウス(C)2021映画『ONODA』フィルム・パートナーズ

<カンヌレポート>
約15分のスタンディング・オベーション!!
フランス映画界が今最も期待する映画監督

実在の人物である小野田寛郎(おのだ ひろお)旧陸軍少尉が、太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて約30年間の孤独な日々を過ごした実話を元に描かれた長編映画『ONODA 一万夜を越えて』が第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品として、現地時間2021年7月7日(水)にワールドプレミア上映が行われました。ドビュッシーという約1000人を収容する上映会場前にはアルチュール・アラリ監督はじめ製作スタッフが華やかなレッドカーペットに登壇、日本からは唯一の出演俳優・森岡龍(33)がスケジュールの都合で現地入りできなかった主演の遠藤雄弥の顔面をつけて参加しました。

本編は、ほぼ日本語でのセリフで、フランスで出版された小野田少尉の自伝「ONODA 30 ans seul en guerre(原題)」(Bernard Cendoron 著)を原案に映画化。 日本人キャストは全てオーディションにより選考、カンボジアのジャングルで2018年12月から翌年2019年3月まで撮影。当時を彷彿とさせる緊張感あふれる壮絶なシーンの合間に、浮世離れした”小野田さん”の全てをさらけ出したシーンでは会場から笑い声も漏れるなど、単なる小野田という男の史実ではない、人間の生きる意味を問いかける作品に昇華されていました。

上映終了後、約15分にも及ぶスタンディング・オベーションが続き、アルチュール・アラリ監督は感無量、好評なワールド・プレミア上映というスタートを切ることができました。

コメント

<カンヌレポート>
約15分のスタンディング・オベーション!!
フランス映画界が今最も期待する映画監督

実在の人物である小野田寛郎(おのだ ひろお)旧陸軍少尉が、太平洋戦争の終わりを迎えた後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて約30年間の孤独な日々を過ごした実話を元に描かれた長編映画『ONODA 一万夜を越えて』が第74回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でのオープニング作品として、現地時間2021年7月7日(水)にワールドプレミア上映が行われました。ドビュッシーという約1000人を収容する上映会場前にはアルチュール・アラリ監督はじめ製作スタッフが華やかなレッドカーペットに登壇、日本からは唯一の出演俳優・森岡龍(33)がスケジュールの都合で現地入りできなかった主演の遠藤雄弥の顔面をつけて参加しました。

本編は、ほぼ日本語でのセリフで、フランスで出版された小野田少尉の自伝「ONODA 30 ans seul en guerre(原題)」(Bernard Cendoron 著)を原案に映画化。 日本人キャストは全てオーディションにより選考、カンボジアのジャングルで2018年12月から翌年2019年3月まで撮影。当時を彷彿とさせる緊張感あふれる壮絶なシーンの合間に、浮世離れした”小野田さん”の全てをさらけ出したシーンでは会場から笑い声も漏れるなど、単なる小野田という男の史実ではない、人間の生きる意味を問いかける作品に昇華されていました。

上映終了後、約15分にも及ぶスタンディング・オベーションが続き、アルチュール・アラリ監督は感無量、好評なワールド・プレミア上映というスタートを切ることができました。

Introduction

1945年に終戦を迎えた日本。
終戦を知らされないまま約30年間、
フィリピン・ルバング島で秘密戦の任務を遂行し続けた実在の人物・小野田寛郎。
壮絶で孤独な日々と戦った一人の男の人間ドラマ。

彼は何を信じ、何と戦い、そしてどう生き抜いたのか。

小野田寛郎の30年間を描いた「ONODA 30 ans seul en guerre」(著:Bernard Cendoron)を元に着想、映画化された本作。監督は、フランス映画界で今最もその手腕が注目されているアルチュール・アラリ、今回は脚本も手掛けている。ほとんどの日本人キャストはオーディションにより選考、約4ヶ月間にわたるカンボジアでの撮影では、スタッフとキャストが一丸となって臨場感あふれるシーンを作り上げた。国際共同製作映画でありながら、ほぼ全編が日本語のセリフで紡がれているこの異色作は、第74回カンヌ国際映画祭2021にて「ある視点」部門でのオープニング作品に選ばれ、ついに2021年10月8日(金)より日本で公開する。

1974年3月、作戦任務解除令を受けて51歳で日本に帰還した小野田寛郎(おのだ ひろお)、当時の日本では彼の存在自体が衝撃的な事件として大きく報道され、社会現象にまでなった。
彼のジャングルでの潜伏の日々をアラリ監督独自の視点で構成した本作は、小野田寛郎を知らない人にとっても共感できるメッセージの詰まった、壮大な人間ドラマに仕上がっている。

Story

終戦間近の1944年、陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎(遠藤雄弥/津田寛治)は、劣勢のフィリピン・ルバング島にて援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するよう、命令を受ける。「君たちには、死ぬ権利はない」出発前、谷口教官(イッセー尾形)から言い渡された最重要任務は“何が起きても必ず生き延びること”。
玉砕は決して許されなかった。

しかし彼を待ち構えていたのは、ルバング島の過酷なジャングルだった。食べ物もままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも、小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、仲間を鼓舞し続ける。
必ず援軍が来ると信じて。


小野田は仲間を連れて、任務を完遂するまで島の奥地に潜伏。自らもこの終わりの見出せない戦いの日々に自らの精神を蝕まれながらも、かろうじて仲間のためにも、見えない敵に対峙していたのであった。小野田と一緒に最後まで生き残った小塚金七(松浦祐也/千葉哲也)は、幾度となく小野田といさかいを起こしながらも、協力し合い、相手を思いやり、二人三脚で生死を彷徨いながらも潜伏していた。しかし、ある日突然、小野田と小塚は島民らしき人間たちからの奇襲を受け、小塚は小野田の目の前で帰らぬ人となってしまった。

そこからは小野田1人きり。
孤独の中で夜が明けていく日々を淡々と数えながら、息を潜めていた小野田だったが、ある日、”旅行者”と名乗る若い男・鈴木紀夫(仲野太賀)と出会うのだった。小野田が見えない敵と戦い続けて一万夜を迎える頃。この永久的に続いていた日々は、この青年との出会いによって終わりを迎えることに…。

Staff and Cast

監督:アルチュール・アラリ

監督 アルチュール・アラリ

1981年フランス・パリ出身。
祖父 は俳優・演出家のクレマン・アラリ。兄は撮影監督のトム・アラリ。
パリ第八大学で映画を専攻。長編第1作となる『汚れたダイヤモンド』(2016)は、フランス批評家協会賞・新人監督賞のほか、多くの映画賞を受賞、 最も実力のある新鋭監督として注目されている。また俳優としても活躍、私生活のパートナーであるジュスティーヌ・トリエ監督作などに多数出演している。

フィルモグラフィー

<監督>
  • 2021 “ONODA 一万夜を越えて”
  • 2016 “汚れたダイヤモンド”
  • 2013 PEINE PERDUE (短編)
  • 2007 LA MAIN SUR LA GUEULE (短編)
  • 2006 LE PETIT (短編)
  • 2005 DES JOURS DANS LA RUE (短編)
<俳優>
  • 2019 “SIBYL” by ジュスティーヌ・トリエ
  • 2017 “ライオンは今夜死ぬ” by 諏訪敦彦
  • 2016 “ヴィクトリア” by ジュスティーヌ・トリエ、”DARK INCLUSION”、”LE DIEU BIGORNE” by いずれもベンジャミン・パピン(短編)
  • 2013 “ソルフェリーノの戦い” by ジュスティーヌ・トリエ
  • 2011 “PANEXLAB” by Olivier Seror (短編)
遠藤雄弥

遠藤雄弥Yuya ENDO小野田寛郎(青年期)

1987年3月20日生まれ、神奈川県出身。
2000年に映画「ジュブナイル」でデビュー。
近年の主な出演作にKTV「青のSP」、日本テレビ「ボイスⅡ 110緊急指令室」などがあり、主演映画「辰巳」(小路紘史監督)、映画「ハザードランプ」(22/榊英雄監督)の公開を控えている。ドラマ・映画と活躍中。

津田寛治

津田寛治Kanji TSUDA小野田寛郎(成年期)

1965年8月27日生まれ、福井県出身。
『ソナチネ』(93/北野武監督)で映画デビュー。以降、『模倣犯(02/森田芳光監督)、『トウキョウソナタ』(08/黒沢清監督)、『シン・ゴジラ』(16/庵野秀明総監督)、『名前』(18/戸田彬弘監督)、『山中静夫氏の尊厳死』(19/村橋明郎)など多数出演。また、『水戸黄門』、『特捜9』、『ラーメン刑事』、大河ドラマ『青天を衝け』などのドラマ出演や、自身の脚本・監督作『カタラズのまちで』(13)、『あのまちの夫婦』(17)が公開されるなど、多方面で活躍している。

仲野太賀

仲野太賀Taiga NAKANO鈴木紀夫

1993年2月7日生まれ、東京都出身。
2006年に俳優デビュー。近年の出演作に、ドラマ「今日から俺は!!」(18/日本テレビ)、「いだてん」(19/NHK)、「あのコの夢を見たんです。」(20/テレビ東京)、「この恋あたためますか」(20/TBS)、「コントが始まる」(21/日本テレビ)、「#家族募集します」(21/TBS)、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(18/御法川修監督)、『静かな雨』(20/中川龍太郎監督)、『今日から俺は!!劇場版』(20/鹿島勤監督)、『生きちゃった』(20/石井裕也監督)、『泣く子はいねぇが』(20/佐藤快磨監督)、『あの頃。』(21/今泉力哉監督)、『すばらしき世界』(21/西川美和監督)など。舞台「いのち知らず」(10/22~東京公演※地方公演あり/岩松了演出)の上演も控える。

松浦祐也

松浦祐也Yuya MATSUURA小塚金七(青年期)

1981年生まれ。
『押入れ』(03/城定秀夫監督)でデビュー。『マイ・バック・ページ』(11/山下敦弘監督)、『ローリング』(15/冨永昌敬監督)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18/冨永昌敬監督)、『ウィーアーリトルゾンビーズ』(19/長久允監督)など。『岬の兄妹」(19/片山慎三監督)がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭(国内コンペティション長編部門)優秀作品賞&観客賞受賞。近年の主な作品に『泣く子はいねぇが』(20/佐藤快磨監督)、『由宇子の天秤』(21/春本雄二郎監督)などがある。

千葉哲也

千葉哲也Tetsuya CHIBA小塚金七(成年期)

1963年生まれ。
演劇企画集団 THE ・ガジラの中心的な俳優として多くの作品に出演。様々な舞台に出演するほか、演出家としても活動し、評価を得ている。主な出演映画として、『69sixty nine』(04/李相日監督)、『岸辺の旅』(15/黒沢清監督)、『散歩する侵略者~予兆』(17/黒沢清監督)、『空母いぶき』(19/若松節朗監督)など。ドラマでは、「ペテロの葬列」、「平成猿蟹合戦図」、「悪の波動」、「病室で念仏を唱えないでください」、また放送中の「おかえりモネ」にも出演。

カトウシンスケ

カトウシンスケShinsuke KATO島田庄一

1981年生まれ、東京都出身。
主演作『ケンとカズ』(16/小路紘史監督)で第31回高崎映画祭にて最優秀新進俳優賞を受賞。近年では映画『最初の晩餐』(19/常盤司郎監督)、映画『サムライマラソン』(19/バーナード・ローズ)、映画『風の電話』(20/諏訪敦彦監督)、Netflix「呪怨 :呪いの家」(20)、大河ドラマ『青天を衝け』(21)などに出演。映画『誰かの花』(21公開予定/奥田裕介監督)などの主演作の公開も控える。

井之脇海

井之脇海Kai INOWAKI赤津勇一

1995年生まれ、神奈川県出身。
12歳で出演した、黒沢清監督作『トウキョウソナタ』(08)で数々の新人賞を受賞、同作品は第16回カンヌ国際映画祭のある視点部門で審査員賞を受賞。その後、映画やドラマで活躍。近年の映画出演作に、『ザ・ファブル』(江口カン監督)シリーズ『サイレント・トーキョー』(20/羽多野貴文監督)『砕け散るところを見せてあげる』(20/SABU監督)『Ark』(21/石川慶監督)『護られなかった者たちへ』(21/瀬々敬久監督)など。主演映画『ミュジコフィリア』(谷口正晃監督)が、2021年秋TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定。

足立智充

足立智充Tomomitsu ADACHI黒田

1979年生まれ、静岡県出身。
映画、ドラマ、CM、舞台などで活躍中。主な近年の映画出演作は、『お嬢さん』(16/パク・チャヌク監督)、『散歩する侵略者』(17/黒沢清監督)、『未完の旅路への旅』(17/玄宇民監督)、『きみの鳥はうたえる』(18/三宅唱監督)、『万引き家族』(18/是枝裕和監督)、『種をまく人』(19/竹内洋介監督)、『ふたつのシルエット』(20/竹馬具靖監督)などがある。

吉岡睦雄

吉岡睦雄Mutsuo YOSHIOKA早川少尉

1976年7月11日生まれ、広島県出身。
映画『なにもこわいことはない』(斎藤久志監督)、『オーバーフェンス』(16/山下敦弘監督)、 『五億円のじんせい』(19/文晟豪監督)、『ファンシー』(20/廣田正興監督)、『糸』(20/瀬々敬久監督)、『シュシュシュの娘』(21/入江悠監督)など。ドラマ「24JAPAN」、「特捜9 season4」、「青天を衝け」など、以降も映画、テレビなど待機作多数。

伊島空

伊島空Kuu IZIMA病気の兵士

1995年5月31日生まれ。東京都出身。
映画『菊とギロチン』(18/瀬々敬久監督)でデビュー。映画『止められるか、俺たちを』(18/白石和彌監督)の高間賢治役で注目を集める。初主演映画『ファミリータイプ』(19/沖田修一監督)がフランスの世界最大級の短編映画祭であるクレルモンフェラン国際短編映画祭においてスペシャルメンションを受賞。ドラマ・舞台・CMと活躍の場を広げている。

森岡龍

森岡龍Ryu MORIOKA二俣分校の生徒

1988年、東京都出身。
映画『茶の味』(04/石井克人監督 )でデビュー以後、映画『舟を編む』(13/石井裕也監督 )、NHK「あまちゃん」(2013)、TBS「カルテット」(2017)など、様々な映画、ドラマ、舞台に出演。大学在学中にぴあフィルムフィスティバルに入選するなど、映画監督としても活動している。明後日HR「業者を待ちながら」(19)では、初めて舞台の作演出を手掛ける。

諏訪敦彦

諏訪敦彦Nobuhiro SUWA小野田の父

1960年広島市まれ。
映画監督・東京藝術大学大学院教授。97年初長編『2/デュオ』を発表。完成台本を用いない即興演出が話題となり、ロッテルダム国際映画祭NETPAC(最優秀アジア映画)賞受賞。99年『M/OTHER』をカンヌ国際映画祭監督週間に出品し、国際批評家連盟賞を受賞。昨年、『風の電話』(00)が第70回ベルリン国際映画祭ジェネレーション14プラス部門で国際審査員特別表彰を受けた。現在、コロナ禍によって危機的状況のミニシアターを支援するSAVE the CINEMAの中心メンバーとしても活動している。

嶋田久作

嶋田久作Kyusaku SHIMADA末廣少尉

1955年4月24日生まれ、神奈川県出身。
映画『帝都物語』(88/実相寺昭雄監督)で加藤保憲役で初出演を果たし、強烈な存在感を放つ。『帝都大戦』(89/実相寺昭雄監督)でも同役を演じ、その後も個性派俳優として、映画、TVドラマと幅広く活躍。近年の主な映画の出演作に『星ガ丘ワンダーランド』(16/柳沢翔監督)、『弧狼の血』(18/白石和彌監督)、『一度死んでみた』(20/浜崎慎治監督)、『生きちゃった』(20/石井裕也監督)、『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』(21/池田暁監督)、『茜色に焼かれる』(21/石井裕也監督)など。公開待機作として、『シン・ウルトラマン』(21公開予定/樋口真嗣監督)などがある。

イッセー尾形

イッセー尾形Issey OGATA谷口義美

1952年福岡県生まれ。
「一人芝居」の第一人者として独自のスタイルを80年代に確立。90年代には国内のみならず、海外からも招待され、NY、ベルリン、ミュンヘン他、数多くの都市で上演を果たす。17年に出演したマーテイン・スコセッシ監督の映画『沈黙・サイレンス』ではその演技が高く評価され、42回LA映画批評家協会賞助演男優賞の次点に選ばれるという快挙を果たす。21年シェークスピアカバーの短編小説集「イッセー・シェークスピア」刊行。

小野田寛郎

<プロフィール>

1922年3月、和歌山県亀川村(現:海南市)に生まれる。
男5人、女2人の5番目、4男。旧制海南中学校時代は剣道に熱中、県下有数の剣士だった(現在5段:錬士)。1939年、旧制中学校卒業後、商社員として「田島洋行」漢口(現:武漢)支店勤務。1942年、和歌山歩兵第61連隊に入隊、同年同日歩兵第218連隊に転属、1944年には久留米第一予備士官学校に入校、同年8月には卒業し、翌月9月に陸軍中野学校二俣分校に入校、11月に卒業。
1944年12月、フィリピンに派遣 比島派遣軍司令部参謀部付ルバング島に派遣 遊撃指揮・残置諜者(注記説明)の任務を与えられる。以来、30年間 任務解除の命令を受けられないまま戦闘を続行。
1974年3月、作戦任務解除命令を受けて日本に帰還。
1975年、ブラジルに移住。約1200ヘクタールの牧場を開拓、多い時期で約1800頭の肉牛を飼育。
1984年、自らのフィリピン・ルバング島での経験を生かし、キャンプを通して逞しい青少年育成のため『自然塾』を開く。
2014年1月16日、肺炎のため東京都中央区の病院で死去した。91歳没。
【関連サイト】一般財団法人 小野田記念財団


<小野田さんに関する歴史 /「たった一人の30年戦争」(著:小野田寛郎)参照

  • 1944年12月 小野田寛郎、フィリピン・比島派遣軍司令部参謀部付ルバング島に派遣される
  • 1945年2月19日から3月後半にかけて硫黄島の戦いが繰り広げられる
  • 1945年7月26日 米英中の首脳の名において、日本に降伏を求めるポツダム宣言が発表される(ただし、日本政府はこれを事実上「黙殺」)
  • 1945年8月6日 8時15分に広島市への原子爆弾投下
  • 1945年8月9日 11時2分に長崎市への原子爆弾投下
  • 1945年8月15日 正午、昭和天皇の玉音放送が放送
  • 1950年 「フィリピンに、日本の敗残兵が存在している」という生存情報が日本政府にもたらされる
    (投降した赤津勇一元一等兵の証言により、小野田寛郎と小塚金七の名前が証言された。)
  • 1959年6月 日本政府によりルバング島調査団が現地入りして捜索を開始
    (二人はすでに生きていないだろうという悲報と共に帰国。)
  • 1959年12月12日 日本政府により小野田寛郎と小塚金七の死亡(戦死)認定
  • 1972年10月 フィリピン軍が日本兵らしき2人組を発見、そのうちの一人(小塚金七)を射殺
  • 1972年10月22日 日本政府は、再度小野田寛郎の捜索を再開。大規模な捜索隊を派遣。
    (小野田の親族、メディア、政府関係者がルバング島に入り、ビラを配布、呼びかけを行う。)
  • 1974年2月28日 1人の日本人青年で旅行者であった鈴木紀夫がフィリピン・ルバング島にて小野田寛郎との接触に成功、小野田の写真が日本で発表
    (家族によって、その写真は小野田本人と確認され、日本政府も正式に認定。)
    (小野田の帰還の条件は、陸軍中野学校二俣分校での上司にあたる元上官・谷口義美による直接の先頭解除の命令を受けることであったため、谷口が入島。)
  • 1974年3月10日 早朝に谷口氏からの命令により、小野田寛郎が自身の任務解除を認識し、帰国する意思を固める
    同日夜、(当時マルコス政権下であった)フィリピン軍の前に、小野田寛郎(当時、51歳)が現れ、身柄を拘束され、日本政府に引き渡される
  • 1974年3月12日 羽田空港にて小野田寛郎さん帰還
    「29年間、嬉しかったことなど今日の今までありません。」(記者会見でのメディアの質問に対して小野田寛郎氏が発した言葉より)